不動産投資 不動産投資履歴

マンション投資の業者と面談してみた話【予想通り断るが吉】

仕事中に投資用マンションの業者からの営業電話がかかってきたことはありますか?普通の感覚だと仕事中ですし、断るのが基本ですが、実際会ってみたらどのような話をするのか?私の体験談をご紹介します。結論、話を聞いても断るのが吉です。

これはかなり初期のころの話ですが、去年、2年前も何社か面談しましたが、やっと少し商品っぽいものを売ってる業者も出てきたかな、という感じです。

基本9割は全く話を聞くに値しないと考えた方がいいです。

マンション投資の業者と会うことになったきっかけ

ちょうどマンション投資を検討していた時期に

そもそも不動産投資を始めたきっかけはリーマンショックでした(リーマンショック前でなくて本当に良かった。。。)。

当時日系の金融機関に勤務していましたがご多聞にもれずリーマンショックのあおりを受け、業績は大赤字。当時はマジで潰れるんじゃないかという危機感を抱いておりました。

そこで、給料がもらえなくなってしまったらどうやって食べていこうかと思案していたところ、不動産に投資して賃貸すれば家賃収入で食べて行けるやん!と思っていたところでした。

当時はどのように始めていいか分からず、ただ漠然にどうしようかなー、としていたところでした。

ちょうどマンション投資の業者からの営業電話が

当時は(今も)職場に新築マンション投資の営業電話が鬼のようにかかってきていた時代で、結局タイミング良く電話をしてきた業者でまあいいかと、まずは彼らに話を聞こうということで勧誘の電話にまんまと乗って職場近辺の喫茶店で話を聞くことに。。。今考えるとアホですね。

待ち合わせの喫茶店行ってみると、そこには電話をしてきた明らかに新入社員と思わしき若者と、どっからどうみても怖いおじさんが二人で待機してました。

あ、まずいなあ。。と思いつつ話を聞いてみることに。

やはりしょうもない物件しか紹介してくれない

新入社員はアポをとるまでが仕事なので当然お地蔵さんです。怖い顔したおじさんは意外にも物腰丁寧に不動産投資についての説明をしてくれます。おじさんによると新築マンションは当時利回りが確か4%いかないくらい、JA〇CSが金利3%くらい?で融資をしてくれて返済と費用を差し引いたら月次の収支がマイナスとのこと。

おじさんによるとこれくらいの持ち出しで資産を持つことができ、保険替わりになり、更に節税までできるのでトータルではプラスになる素晴らしい商品とのこと。今では鉄板の営業トークですが当時初めて話を聞いたときは衝撃的でした。

というのも、当時も仕事柄不動産に関わっており、利回り4%なんて信じられないくらい低く(見ていた不動産は7~20%くらいのスナックビルやパチンコ店など)、収支がマイナスになるものがどうして魅力的なのか全く理解できず。。。

立地もよく覚えていませんが都内の聞いたことのない地域。何故これで彼らの商売が成り立っているのか不思議でしょうがありませんでした。今考えると全く無知で突撃していたら保険料だと納得して買ってしまっていたのかもしれませんが。。。

とにかく怖いおじさんにビビりながらもはっきりとこんな低い利回りのものを紹介されると思わなかった。てっきり利回り10%くらいのおいしい話だと思ってきたのにがっかりだと伝えました。

中古でいいからそれくらいで回るものはないのか?と聞いたらおじさんドン引きしてました。とりあえずそんな利回りの物件はリスクが高いのでお勧めできない、とか、自己資金はほとんどいらないから自己資金の利回りで見てみたら10%以上あるとか、よく分からないロジックで反論されましたがとりあえず理解できず、沈黙。。。

おじさんたちも観念したのか開放してくれました。ちゃんとコーヒーもおごってくれてラッキー!テレビの報道を観ていると開放してくれたのは本当にラッキーだったかもしれません。

あのワンルームゴリラが来ていたら流石にビビッて契約していたでしょう。

結論:やはり投資マンション業者から購入する物件は基本儲からない

投資マンションの業者の物件はいまいちです。

業者が売り主のマンション物件は基本儲からない

どこの情報にもあることですが、業者物件は割高で儲かることはないと考えた方がいいです。なぜなら業者の新築物件は特に限界以上利益が乗っかって販売されているからです。

一時期マンション業者の給料が出来高次第で何千万円というリクルートページが話題になりましたが、それだけ会社も利益を上げてそれを実績を作った社員に還元できるということです。

基本的に話に乗る意味はありません。断る方が無難です。自分でしっかりと勉強して自分でいい物件を購入することに集中した方がいいです

唯一損は大きくならない業者物件の投資の仕方

だからといって全ての業者が極悪かといわれたら、ある程度実績のあるところはそれなりにまともな商品に仕立て上げています。

大儲けはしませんが、①そこそこ築浅中古マンションで、②提携フルローン(そこそこ低金利のちゃんとした金融機関)がでて、③固定資産税も含めたCFがプラスの物件であれば中長期保有することによりそれなりの資産形成になるかと思います。

その際は都内の場合サブリース物件には手を出さない様気を付けてください。

投資マンション業者の話を断るときは必ず毅然とした態度で

ビビらない、個室で話さない、ハンコは持っていかない

やはりビビったら負けで、毅然とした態度で断るのが基本です。断る際にしつこかったり、威圧してくる業者は100%悪質な会社です。そんな会社が紹介する物件は間違いなくダメ物件です。

冗談ではなく本当に怖い思いをしたら走って逃げましょう。または少し勇気がいりますが、例えば喫茶店とかであれば大声で店員に叫んで助けを求めましょう。

基本業者と面談する際は一番最初は喫茶店などオープンなスペースで会うことが多いです。話を進めるときは次回に会社の応接とかになる可能性がありますが、もう次回のアポは絶対取らない様にしてください

しつこく連絡してきた場合は迷わず消費者センターに相談してください。もし知り合いに弁護士がいる場合はその人に連絡してもらうのも手です。

区分マンションは儲からない?私が区分マンション投資する理由3つ

-不動産投資, 不動産投資履歴

© 2022 外資系金融サボリーマンブログ Powered by AFFINGER5