レビュー

WALL壁寄せテレビスタンドをレビュー【省スペース化の最終兵器】

特に都内に住んでいらっしゃる方は居住スペースに中々余裕が持てない人も多いと思います。

住んでいる期間が長くなれば物も増え、一緒に住む人も増え、いつの間にか家族も増え、、、とどんどんスペースが埋まっていきます。

一方で家賃が高騰している中、なかなか同じ地域で余裕のある広さのマンションに引っ越すのも難しいと思います。

その様な中、何とか今の家で省スペース化を図る為にまずは一番大きいテレビ台を撤去し、壁寄せテレビスタンドを購入しましたが、これが大正解だったのでご紹介します。

EQUALS WALL壁寄せテレビスタンドを購入し省スペース化に成功

最初は壁掛けにすることを検討していたのですが、賃貸であることと、DVDブルーレイプレーヤーを置くことができなくなってしまうので壁寄せスタンドで代替することに決めました。

結果、リビングが本当に見違えるほどすっきりしました。

省スペース化大成功です。

壁掛けテレビにしなかった理由

一瞬壁掛けテレビも考えましたが、賃貸住まいなのでまず穴をあけるのがNGということで諦めました。

色々探していて壁にほとんど穴が開かないよさげな商品を見つけたのでこちらと壁寄せテレビスタンドで悩みましたが結局壁掛けテレビスタンドにしました。
https://kabekaketv-shop.com/user_data/diy.php

理由は収納が完全にゼロになってしまうからです。

もちろん壁掛けテレビスタンドもリスクはありますが観ている側に倒れてくることは無さそうということで購入を決めました。

結局EQUALS(イコールズ) WALL(ウォール)壁寄せテレビスタンドを購入

様々な比較やレビューサイトを確認して結局購入したのはこちらのWALLです。

おそらく一番売れている商品だと思いますし、個人的には大満足でした。やはり売れているのには理由があるのかと思います。

こちらは↓のダイソンスタンド購入検討の際に見たものと同じブランドです。

ダイソンスタンドで省スペース化【本当におすすめです】

壁寄せテレビ購入一番の感想:テレビ台がどれだけスペースを消費していたかを実感

5年以上前に見栄で購入したテレビが55インチあり、そもそも部屋のサイズにそぐわないものでした。そのテレビに見合うテレビ台を購入したのですが、サイズが40センチ×160センチと大型で、相当スペースを取っていました。

おかげでリビングに余裕スペースがなくテーブルを置くのが精いっぱい。小さなソファさえおけません。

壁寄せスタンドにすることでテレビ台をとっぱらい、とてつもない省スペース化に成功しました。

安全確保のため、土台部分が少し広めですが、傾斜がついており、床とはシームレスなため、掃除のしやすく全く問題ないと思います。

壁寄せテレビスタンドのデメリット:組み立ては少し時間がかかる

商品が届いてから早速組み立てにかかりましたが、初めてのため、結構苦戦しました。

3歳児の手を借りてだいたい1時間くらいかかりましたが、1人であれば30分くらいだと思います

ただ、パーツがかなり重いので必ず2人以上で作業することをおすすめします。

DVD,ブルーレイプレイヤーや、ゲーム設置パネルも合わせて購入

単品ではDVDブルーレイプレイヤーを置けないので別売りで付属品の棚板も購入しました。

ラージサイズとミディアムがありますが、念のためラージを購入しました。結構大きいのでミディアムでもよかったかもしれません。

購入して設置する際はどれも組み立ての際には土台を作ってから入れる必要があります。

説明書にはかいてあるのでそちらを確認して順番には注意する必要があります。

サウンドバーも付属品として別売りされています。

また、ゲーム機用の棚も別売りでありますので用途に合わせて追加で購入できます。

ただ、ゲーム機用棚板は高いので棚板で代用してもいいと思います。

また、スタンドの裏側にHDDホルダーを設置できる様になっていて専用ホルダーも別売りされています。

これもYouTubeや他のレビューサイトをみると適当な棚を結束バンドで固めて代用しているので、それでも充分行けるかと思います。

マグネット付きの電源タップを使えば壁寄せテレビスタンドの裏側に張り付けて電源線をかなりすっきりさせることができます。

EQUALS WALL壁寄せテレビスタンドのデメリット

壁寄せスタンドのデメリットは今のところありません。

あえて挙げるなら以下の通りでしょうか。

WALL壁寄せテレビスタンドのデメリット

  • 重い
  • 収納がなくなる
  • 値段が高い

収納については棚板を付けることはできますが、収納力は通常のテレビ台と比べてもほとんどありません。

私はDVDケースを購入してそこにDVDやブルーレイは全て収納しました。

テレビ対応表をチェックした上で購入する必要あり

EQUALS WALLはたいていのテレビに対応していますが、全てではありません。以下のサイトでテレビが対応可能か確認する必要があります。
https://equals.tokyo/wall_tv_check/

EQUALS WALL壁寄せテレビスタンドは地震テスト済み

テレビスタンドで一番心配になるのは地震かと思います。EQUALS WALL壁寄せテレビスタンドは地震テスト済みで震度7でも転倒しなかったそうです。

https://equals.tokyo/f/contents/page-id_130

もちろん、絶対倒れないことは無いと思います。場合によっては横に倒れるリスクはあると思いますが、構造上真正面から倒れてくるのはリスクが非常に低いのではと思います。

省スペースを考えている方にはEQUALS WALL壁寄せテレビスタンドは本当におすすめです。

テレビ台を収納にフル活用している場合は中々移行は難しいと思いますが、そうでない場合壁寄せスタンドは本当におすすめです。一気にリビングが広くなります。



-レビュー

© 2022 外資系金融サボリーマンブログ Powered by AFFINGER5